本をできる限り読みやすくする作業

ある読書術の本に書かれていた、手持ちの単行本のカバーを外して、厚い見開きページを切り離す(私はオルファ・キリヌークを使っています)ということを実践しているけれども、学校の教科書を使い始めるときを思い出しながらやっている自分がいる。

たとえば、最近刊行された三浦しをんさんの「愛なき世界」のように、早朝が素敵だったりお気に入りのカバーを外すのは忍びない。でも、写真も載っていない新書のカバーなら処分してもいいかなとか思う。