いらんこと言い

サッカーコメンテーターの倉敷保雄さんが「人ってなんで言いたいことがあるんでしょうね」と言っていたけど、逆になんで私は言いたいことがないんだろうと思うんです。

世の中には「いらんこと言い」と呼ばれる人がいて、無駄なこと言ったり、二回ぐらいで分かることを三四回言ったりするじゃないですか。そういう人が10代のころからどうも苦手で、それが学校や会社でのストレスの原因になったのです。

そういうのをうまく受け流したりやり過ごしたりする能力があればいいんですけどね…。