2019/08/27 ヅカオタを休んで思っていること

5年前から宝塚歌劇を現地で観て以来、年3回以上のペースで遠征してました。

去年の雪組ファントム以来観てないけど、今年はもう観劇しに行く機会がない。今年はユニコーンを中心に動くと決めていたから。少し離れて、佐久間一行さんの単独ライブを観に行ったり京都のボロフェスタに行ったりもする予定だけど(ツアーチケット争奪戦に疲れてしまったからではないのです…)

家にある宝塚歌劇のBDやDVD、テレビで放送された舞台を録画したものを観るタイミングがない。なぜかというと、映像を見たら「やっぱり現地で観劇したい」という禁断症状が現れるような気がして。

来年の公演ラインアップもぼちぼち発表されてきているので、ヅカ熱が再燃するのをじっくり待つか。

もしかしたら、初めて観劇したときのようにまっさらな気持ちで観られるかもしれない。

 

2019/08/17

台風の中BBQして孤立したという事故といい、悪質なあおり運転のニュースといい、キズナアイさんの件といい、やるせない出来事が多いな。。。

今のメンタルがどん底なので、海とか祭りとかの浮かれた感じも嫌になってしまう。特に夏フェスなんか勝ち組の象徴としか見られない。

兄2夫婦、姪をうちに預けてまんのう行くんだってよ…。

2019/08/12 推しは推せるときに推せというけれど

先週に入ってから、何もかもが面倒くさく感じている。娯楽に触れることさえ気が向かないほど。

映画鑑賞にしろ何となく気になる作品はあるけれど、決まった時間に映画館に足を運ぶことも面倒くさい。都市部ほど公共交通機関がないので、県内で行きたい場所があれば(ないけど)家族に車で連れて行ってもらうしかない。

ユニコーンのツアーチケット争奪戦にも疲れたし、そんな中でも大千秋楽を含む3公演は取れたけど。

今年はユニコーンを推すことに力を入れると決めたので、宝塚大劇場へ観劇に行くこともご無沙汰していて、今度観に行けるとすれば、月組の『I AM FROM AUSTRIA』だけど、本当に久々なので一本物のミュージカルよりも2本立ての芝居とショーがいいかな…。

とにかく今ひとつ元気が出ない。お先真っ暗。

2019/05/22 自分の直したいと思うところ

◎何をやっても長続きしない

体力づくりのためのストレッチや筋トレ、出費管理など。

途中で「自分がこんなことやってもな…」と思ってしまい目標を見失う。

「ある程度続いて三日坊主にならなかった」と油断して、ちょっと休んじゃうとそのまま放ったらかしになってしまう。

◎いろんなことから過去の嫌なことと結びつけて落ち込んでしまう

学生の頃の嫌な思い出、これまでに働いていた職場での失敗など。なんとなく頭に入ってきたものでも、気がつけば悪い方向に考えてしまう。

2019/05/17 『サ道』がドラマ化とな

原田泰造さんは色々なドラマに出ているけど、私にしたら、ふんどし先生やはっぱ隊とともに青春時代を送ってきたので、今回の主演はドツボだなと思ったのでござる。

でも、連続ドラマは追っかける根気がない私。今春の『きのう何食べた?』も初回から見逃したし、録画しっぱなしの面白南極料理人も第1話を観たきり…。でも30分程度なら大丈夫かな。